パテックフィリップの時計が高いのはなぜ?そこには努力の結晶があった!

パテックフィリップ、世界へ

パテックフィリップは世界最高と名高いスイスの高級時計メーカーです。ポーランド人であるアントワーヌ・ド・パテックとフランソワ・チャペックによって1839年に設立されました。後にジャン・アドリアン・フィリップとチャペックが交代してパテックフィリップが誕生、今に至ります。

革新的な時計を作り続けたフィリップの作品はやがて注目を浴び、ヴィクトリア女王が時計を購入したことがきっかけで爆発的な人気を得ることになります。

パテックフィリップ、低迷する

1969年にとある事件が起こりました。日本の時計メーカー「セイコー」が世界ではじめてクォーツ時計を作ったのです。生産ラインが整い価格が下がってくるにつれて、フィリップが作っていた機械式時計は低迷していきます。さらに不運にも時期を同じくして起こったオイルショックによってスイスの時計メーカーは大打撃を受け、潰れてしまう会社が後を絶ちませんでした。後にこれらの出来事はクォーツショックと呼ばれるようになります。

パテックフィリップ、復活!

低迷が続く中でもパテックフィリップは機械式時計を作り続けました。そしてついにその努力が実り、1980年代になって機械式時計の人気が徐々に戻りはじめたのです。1932年に誕生した腕時計「カラトラバ」は、その完成度の高さから歴史に残る永遠の名作だと言われ、今でも人気モデルの一つとなっています。

継続は力なりということわざがありますが、努力によって地位を築いたパテックフィリップの時計が高いのは彼らの歴史がそこに詰まっているからなのですね。

パテックフィリップは、世界三大高級メーカーとしても有名な時計メーカーです。多くの著名人も愛用している時計です。