子育てママ必見!幼少期の子供のおもちゃの選び方。

子どもが喜ぶと親も嬉しい

子どもを出産して、まだしゃべれない赤ちゃんの頃は求められてもいないのに、つい色んな表情を見たくてちょっとしたおもちゃを買っていませんでしたか?

しかし成長し自我が芽生え、もうあれこれ買ってくれと言われるようになるとおもちゃコーナーはなるべく素通りするようになりますよね。

でも子供の楽しみの最大はおもちゃ。

子どもの喜ぶ顔は見たいのは親心です。出来るなら欲しいものをすべて買ってあげたくなるのも本心です。

おもちゃを成長に合わせて選ぶ理由

でもみなさんは、子どもが欲しいというおもちゃはすぐに買い与えますか?与えない方の方が多いですよね。

今のおもちゃは、とてもよくできていて1万以上するおもちゃもざらにありますよね。

昔だと考えられないような値段でびっくりします。

男の子、女の子と色んなおもちゃがありますが、その時期の成長に合わせたおもちゃを買ってあげてください。

おもちゃは、感性や想像力、体力、知力など子供の心と成長に必要な栄養分を取ることができる『宝物』だそうです。

発育に合わせたおもちゃを与えることで、また時には一緒に遊びながら、子供の成長をサポートすることも出来ます。

親として好きなものを買ってあげたい気持ちもありますが、欲しがるものだけじゃなく子供の成長に役立つものもちょっと選んで考えてみてください。

そしていつでもではなく、誕生日、クリスマスと記念日にだけ特別感を出して子供にとっていい思い出になるようにちょっとしたサプライズもいいですよ。

木のおもちゃのままごとは子供の育成を促します。指先を動かす運動は、集中力を養います。ままごとは、お母さんやお父さんの真似をして人を思いやる気持ちや感情を育成することにつながります。