犬に洋服は必要!?あなたは着せる派?着せない派?

寒さ対策なら服はいらない

お散歩途中の小型のチワワがキュートな服を着てちょこちょこ歩く姿を見ると、かわいいと思う人は多いはず。
一方で、大型犬のレトリバーが服を窮屈そうに歩いている姿をみると違和感を抱く人もいますよね。
もしかして、犬種によってイメージが異なるせいで、こんな違和感が生じているのかもしれません。

そもそも、なせ犬に洋服を着せるのか。
その理由について、寒さ対策をあげる飼い主さんは多いですよね。
でも犬には本来、季節によって自然と毛が抜け変わる機能が備わっています。
ですから、体毛の少ない犬を除いては必要性はないと唱える獣医さんが多いようです。
小型犬か大型犬かということではなく、体毛によっては服を着せたほうがいいワンちゃんもいるということですね。

雨の日や訪問先では、汚れや抜け毛を防いでくれる

しかし、雨の日の散歩ではレインコートを着せたほうがいいという説もあります。
背中が濡れるのは当然ですが、じつは、前足でかき上げた汚れでおなか部分も濡れてしまいます。
これを放っておくとかゆみの原因になったりしますから、コートを着せて守ることが予防に通じるのです。

さらに、よそのお宅を訪問する際には、服を着せることをおすすめする人もいます。
服を着ることによって抜け毛予防になりますから、ワンちゃんとおよばれしたときのエチケットともいえますね。

着せるか着せないかは、飼い主さんの考え方次第といえますが、かわいいデザインだからといって闇雲に着せるのは、愛犬にとっては大迷惑ということもあります。
うちの子がかわいいと思うのなら、ご家族で一度きちんと話し合ってみてはいかがでしょう。

犬の洋服は愛犬をよりおしゃれに見せるため、防寒などといった目的で着用させます。既製服のほか、オーダーメイドを受け付けているところもあります。