1つあると便利!落としぶたで美味しい煮物

煮物で味を煮含めるだけでない便利な落としぶた

落としぶたは料理の初心者でも、持っていると損はない物です。煮物を作る時に、食材の上に直接置いて使用するふたで、鍋よりもだいたい2回りくらい小さなサイズの物が多く、中に落として使うことから落としぶたと言われます。ふたに汁を通す穴が空いていて、沸騰しても効率よく具材に対流するようになっています。サイズが小さいために周りからも煮汁の周りが良くなり、吹きこぼれする心配もありません。汁も蒸発しにくいため、少ない煮汁で済みますし、火加減も弱めに調節できることから、加熱にかかるガス代や電気代も節約できるでしょう。

落としぶたに適している素材

落としぶたは鍋によって大きさを揃えることはありません。煮物をする時によく使う浅い平鍋やフライパンの直径を考慮して、少し小さめなサイズを用意するといいでしょう。木製は軽くて素材の形を崩す心配がありませんが、良く洗って乾かさないと、臭いがや汚れが付きやすく、傷みやすいことがあります。初心者であれば、アルミ製の落としぶたの方が手入れが楽でしょう。

丁度良いサイズの落としぶたがない場合

鍋の大きさに合う落としぶたが見当たらない場合は、アルミホイルを適当な大きさに切って、穴を空けて代用することもできます。ただ、金属臭が気になる方もいるかもしれませんし、柔らかい具材の場合は形が崩れやすくなることもあるでしょう。その場合は、紙素材を使ったオーブンペーパーやキッチンペーパーを利用するようにしてください。オーブンペーパーは加工されていますので、素材にくっついてしまうことがありません。キッチンペーパーの場合は、軽くても水を吸って重くなるので、素材が浮く心配がないでしょう。用途に応じて使い分けることをおすすめします。

キッチン雑貨を揃えるだけで雰囲気が変わり、料理するのも楽しくなるので色々とキッチン雑貨を揃えてみると新たな発見ができます。